本文へ移動

上部障害クリア工法

工法概要

上部障害クリア工法
 
 橋梁や高圧電線の下など上部に障害のある現場、あるいは現在完成している建築物の更にその下を開発する必要性のある現場など、厳しい制約条件下で活躍するのがこのシステムです。例えば老朽化した鉄道橋や道路橋などの改築にあたって、既存の交通に全く支障を来さず、日常生活を続けながら新設、甦生、補強することができます。今までのように古い橋を壊して新設することは、現在の都市機能においては交通や防災の問題、また経済波及効果などから見てまず不可能です。本工法は上部障害に対してこれをクリアするために機械寸法を徹底的に圧縮し、関連機械とシステム化を図った工法であり、その目的に対する効果は計りしれません。

比較図

機械配置図(パイルランナー使用)

 機械配置図(パイルランナー使用)
機械配置図(パイルランナー使用)
▲画像をクリックすると拡大します。

機械配置図(作業船使用)

機械配置図(作業船使用)
機械配置図(作業船使用)
▲画像をクリックすると拡大します。

(製造元)株式会社技研製作所
株式会社フジ特殊
【本社】
〒813-0033
福岡県福岡市東区 青葉1丁目18番3号
TEL.092-692-1337
【機材センター】
〒811-2502
福岡県糟屋郡久山町 大字山田字石切399-503
TEL.092-976-2771
FAX.092-976-4535

本鋼矢板・軽量鋼矢板・H鋼打抜工事
 無振動・無騒音・無削孔 SMP工法 バイブロ工事
ダウンザホールハンマー工事
山留工事
仮設桟橋工事
クレーン作業
3
2
8
2
8
8
TOPへ戻る