本文へ移動

仮桟橋・桟台架設工法

工法概要

山岳地帯の道路建設に伴い、機械、機材運搬用鋼製仮桟橋(高さ15〜50m位)や作業用構台が必要とされます。又、それらの架設作業には作業用足場(枠組み足場)が必要です。しかしながら山岳地であるため、設置場所が傾斜地であるために、足元が悪く、また高さも高いため、大変な労力を要し、困難、危険を伴う場合が多々あります。
本工法は鋼製仮桟橋及び、作業用構台架設時の支持杭打設作業、桁受け、主桁、縦横断垂直ブレス、縦横断水平つなぎ、設置作業に必要な作業用足場(前者は吊り足場形式であり、後者はゴンドラ安全規則・ゴンドラ構造規格に基づいて製作されたSBSゴンドラである)を単純化することで、作業の安全と、工期の短縮及びコストダウンを目的としています。

特長
●支持杭打設用作業足場は吊り足場である。
●架設用足場はゴンドラである。
●支持杭打設工法はアースオーガ併用ダウンザホールハンマーである。
●振動、騒音が少ない
●重機械等の稼働ロスが少ない。
●削孔機の回転反力は特殊な冶具で受けるので、削孔機はクレーンで吊って降ろすだけで良い。
●垂直性が大変良い。

(製造元)基礎建販株式会社
株式会社フジ特殊
【本社】
〒813-0033
福岡県福岡市東区 青葉1丁目18番3号
TEL.092-692-1337
【機材センター】
〒811-2502
福岡県糟屋郡久山町 大字山田字石切399-503
TEL.092-976-2771
FAX.092-976-4535

本鋼矢板・軽量鋼矢板・H鋼打抜工事
 無振動・無騒音・無削孔 SMP工法 バイブロ工事
ダウンザホールハンマー工事
山留工事
仮設桟橋工事
クレーン作業
3
2
8
8
3
2
TOPへ戻る